スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記本のこと。

2007年08月23日 22:28

本日の日記に日記本のことが書いてあるね。
畳だの板だのにならなくてよかったよ。保管することを考えたら大変だもんね。さらっと普通にお願いします!という感じです。

あと、ウラも書いてあるというので、早速見て来た。
私は、2004年にどうでしょうを知ったので、この本に集められる2002年7月~2003年3月という時期の日記は読んだ事がない!
そう考えるとすごーーーく楽しみではないか!ウラを読んだらテンションあがってしまった。

そして、この言葉につきるなーと思ったのが
“とにかくこの本は、最終的に、「初めて読む人」ではなく、いつもここを訪れてくれているあんたがたに向けて作りました。”だ。

こんなうれしい言葉はないわ~。

もしも読んでてわからないところがあったってそれでもいいな。
最初は誰だって知らなければなんのことかわからないのは当然だし毎日通って読んでいくうちに世界が広がるものじゃないかなーなんて思って。

だから、もしもはじめて読む人がわからなくても、興味があるならば読み進めていくうちにこの「どうでしょう」のタレントさんたちじゃないディレクター陣の魅力をビシビシ感じる本になってるような気がします。

水曜どうでしょうの魅力はディレクター陣もかなりウエイト高いものねー。
私は、祭りのときのように「本日の日記」のトークを月に1回くらいイベントでやってくれたらなーと思うよー。できれば毎週金曜日とかならもっとうれしいけど。ディレクターだけでもそのために札幌行きたいって思うのだ。

おぼろげに楽しみにしていた程度だった日記本だけど、このウラを読んで、かなりテンションがあがりました。紀伊国屋書店でも発売するっていうことなので、行くことがあったら、軽いデモンストレーションはしたいと思います。


それから、先日の原付西日本のことで、環境庁の注意の内容がHTBのTOPから見られると聞き、読んできました。

注意の対象は、特別保護地区内の砂丘に番組名を大書した行為で、「砂丘レストハウス」地内の砂を採集したことについては、今回注意の対象にはなっていないようなので、ならば、あの番組名を書いたシーンをカットしたり、その砂に関してはお断りとか注意書きなどのコメントをつけるなりして、放送は仕方なくともDVD化はしてもらえたらいいなと私は思います。
スポンサーサイト

コメント

  1. 垂楊堂 | URL | -

    Re: 日記本のこと。

    私も今、初めてHTBのHPで見てきました。おっしゃるとおり、あのシーンだけカットすれば良いような気がしますね。DVD化に希望が出てきたかもしれません!
    カブ西日本は、それ自体とても面白いですし、それ以上に休止前の企画という意味で重要なので、お蔵入りしてしまうのにはあまりに残念ですものね。

  2. さくら | URL | HfMzn2gY

    ★垂楊堂さん
    あの内容を読むと少し明るい兆しが見えますね。
    私はあまり西日本の企画の位置づけがなんとなくしかわかっていませんが、すごく重要な企画みたいですしね。今決まらなくていいから、いずれ時期がきたときに、DVDになってくれることを望んでいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakuracoco.blog13.fc2.com/tb.php/702-99b2cd21
この記事へのトラックバック

環境庁

環境庁環境省(かんきょうしょう 英語名:Ministry of the Environment)とは、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全や公害の防止、廃棄物対策、自然環境の保護及び整備、クールビズ政策など地球温暖化対策を任務としている。前史・沿革*1956年(昭和31

RECENT ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。